イエスと言える大切さを感じた瞬間

やまじ
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
やまじ
りあんを作った人。 英語とタイ語の先生。音楽の先生。 学ぶこと、教えることが大好き。 いろんなことの先生をしているのでぶっとび先生と名乗っています。 好きを極めた生き方をしてます。

いつもありがとうございます、りあんのやまじです。

私のことがはじめましてという方はまずはこちらの記事をご覧ください。

私はフリーランスとして色んなことをお仕事としてやっていますが、本職としては英会話スクールのオーナー兼講師をしています。

今回はただの専門学校生だったやまじが英会話スクールのオーナーとして初めての起業をするまでの経緯をお話ししたいと思います。

※「ぶっとんでるね」というコメントは飽きるほど聞いたので受け付け致しかねます。

始まり

全ての始まりは高校卒業したばかりの3月でした。
漠然とタイで音楽室作るためには起業しなければいけない、でも起業ってどうすればいいんだ?と思いはしつつも普通の高校生のように進学先のツイッターユーザーを探したり、ライブの思い出をつぶやいたりしていたときに、ある方からダイレクトメッセージがきました。

そこには

「今度会ってみない?」

なんてめちゃくちゃ怪しいお誘いの連絡で無視したり断ったり頑張ってはみたものの粘り負けして会うことに。
実際に会ってみたらその方はあるマルシェ等イベント団体の副リーダーでした。

イベント以外にもコンサルタントなどもするフリーランスの方で、お仕事やイベントのことを聞き、

やまじ
この人のところにいれば起業のヒントがたくさん見つかるかも!!

と考えた私はそのイベント団体に入り、一緒にイベントをやってみることにしました。

そして入団して3か月目にして初めて出店したマルシェで人生のターニングポイントがやってきました。

ターニングポイントその①

私が所属していた団体のメンバーがマルシェを主催することになり、私にも出店してみないかとお声掛け頂きました。
そのときマルシェがどんなものかもよく分からなかった私はパッとした思いつきで高校留学中に身につけたタイ古式マッサージならお店を出せるのではないかと考え、出店経験も無いのに出店することになりました。

しっかり準備して気合い入れてタイの服をきてみたりもしたけれど、リアル店舗があるわけでもない、過去に出店経歴もない私のお店は当然閑古鳥が鳴いていて、団体の仲間と歌って遊ぶために持っていた小さいピアノを弾いて路上ライブにさっさと切り替えていました。

そんなこんなでピアノを弾いていたら、1人の男性がマッサージ店で南国な服を着た女の子がピアノを弾いているといういかにもヘンな場面に面白がって話しかけてくれました。
もうイベント関係で話しかけてくれる人とは面白いことが起こるしかないと知っていた私はその方とお話ししてみました。

その方はその年の1月からご自分で英会話スクールを運営しだした起業家であることがわかり、外国語の専門学校に通っていて英語に自信のあった私はそのときその方の英会話スクールに一度お邪魔する約束をしました。
その出会いから約1週間後に英会話スクールでレッスンに混ぜて頂き、英語頑張ろう!というよりはこの人とお仕事をしてみたい!!という気持ちが湧いてきて、すぐに

やまじ
ここで私をバイトとして先生やらせてください!!

とダメ元で言ってみたところ、とりあえずは面接と模擬レッスンによる採用テストを受けられることになりました。

そしてテストの結果合格し、英語の先生になることが決まってすぐにもう一つのターニングポイントが訪れたのでした。

ターニングポイントその②

やまじ
よっしゃ!英語の先生頑張ろう!!

と意気込んでいた矢先、英会話スクールの社長からいきなり電話が。
内定取り消しと言われるのではないかとドキドキしながら応答したら、「オーナーになってみない?」と聞かれました。

そのとき驚きのあまり理解ができなくて、わけも分からず「はい。」と言ってしまい、英会話講師としてだけでなく私の起業人生まで幕が開けてしまったのです。

やまじがオーナーを勤める英会話スクールCOMULINKの公式ホームページはこちら

この返事一つで私の人生が大きく動きました。

結局のところ

結局何が言いたいかといいますとイエスマンは強いですよという話です。
即断即決でイエス!と言える力があればある程度は何でも楽しむことが出来ると思っています。

私は社長からオーナーをやらせてもらえていることを幸せに思っていて、あのとき理解していなくてもイエスと言った私に感謝しています。
もちろんイヤなときにノーと言えることも必要です。ですが、まずはチャンスをすぐにつかめるようとりあえずイエスと言ってみましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
やまじ
りあんを作った人。 英語とタイ語の先生。音楽の先生。 学ぶこと、教えることが大好き。 いろんなことの先生をしているのでぶっとび先生と名乗っています。 好きを極めた生き方をしてます。
フォローする

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© りあん , 2019 All Rights Reserved.