りあん仕事図鑑vol.5 ドレスデザイナー

やまじ
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
やまじ
りあんを作った人。 英語とタイ語の先生。音楽の先生。 学ぶこと、教えることが大好き。 いろんなことの先生をしているのでぶっとび先生と名乗っています。 好きを極めた生き方をしてます。

いつもありがとうございます。りあんのやまじです。

私のことがはじめましてな方はまずはこちらの記事をご覧ください。

りあんお仕事図鑑シリーズも第5弾目となりました!

就活の年だけど何がやりたいかわからない、転職したいけれどどんな職業が合うのか迷っている方に読んでもらいたいこのシリーズですが、今回はドレスデザイナーさんからお話を聞きました。

”この職業について書いてほしい”と言ってくれたお方や、

”自分の仕事について書いていいよ”とインタビューさせてくれる方が出てきてくださり感激しております。

それではLet’s get started!!

職種

今回はドレスデザイナーのKumi Oharaさんからお話を伺いました。
『女性の笑顔サポーター』というステキな活動もしているおしゃれでまさに女性の味方!という方でした。

何をするの?

主に骨格スタイル分析からお客様の体よりきれいに見せられるドレスやワンピースをオーダーメイドで制作します。
普段から着れるワンピースにパーティードレス、それから着物に見立てた和ドレスも作っております。

 

必要な資格・向いている人

必要な資格は特にありませんが、カラーアナリスト、洋裁、パターンメイキングなどの資格を取っておくと役に立つでしょう。

おしゃれが好きな人、自分に合う服を着ることで幸せな気分になれることを伝えたいと思っている人は向いていると思います。

 

何でその仕事を選んだの?

私自身、自分の体型にコンプレックスがありました。

着たい服がいざ着てみるとどこか合っていない感じ。
どうして同じくらい背丈のあの子には似合うのに私には似合わないの?

そんな悩みを解決した方法が自分の骨格に合う服を作ることでした。

下の写真を見てください。

右では骨格に合わせたワンピースを着ています。
胸元やウエストのラインの出し方、スカートの丈の長さや裾の広がり方でこんなにも印象が変わるんです。

そのことを伝えたくてオーダーメイドでワンピースやドレスを作るようになりました。

ぴったり合うドレスを作ってお客様に喜んでもらえる瞬間、自信を持ってもらえるところを見れるとやっていてよかったと思います。

 

まとめ

今回は個人のドレスデザイナーさんの紹介でした。
オーダーメイドで本当に自分に似合う服を作ってくれるというのは個人だから出来ることだと思います。

ドレスデザイナーKumi Oharaさんについて詳しくは公式ホームページにてご覧ください。

 

感想や仕事図鑑に載せてほしい職業のリクエスト、自分の職業について書いてくれてもいいよという方じゃんじゃんお待ちしております!

リクエストやインタビューのご依頼はLINE@より承っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
やまじ
りあんを作った人。 英語とタイ語の先生。音楽の先生。 学ぶこと、教えることが大好き。 いろんなことの先生をしているのでぶっとび先生と名乗っています。 好きを極めた生き方をしてます。
フォローする

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© りあん , 2019 All Rights Reserved.